おしゃれにワイン

魚は白で肉は赤

魚には白ワインが、肉には赤ワインがぴったりとあう。

 

古くから当然のように言われてきた言葉です。

 

しかし、実際にはどうなのでしょうか?
魚には白ワインが、肉には赤ワインというのは、料理との相性から生まれた、経験に
基づく基準であり、絶対的なものではありません。

 

一番大切なのは、飲む人との相性です。赤であるか白であるかではなく、自分がどちらを
おいしいと思っているか?自分がどんな気分か?などから、ワインを選びましょう。

 

同じ料理でも、味付けなどによって、ぴったりのワインもかわります。
難しいことを考えずに、自分が飲みたいものを飲むのが一番おいしい飲み方なのです。
です。この2地域は、赤ワインの生産地として有名で、比較されることも多いです。

 

一般的には、あっさりした味の食べ物は白ワインが、コクや厚みのある食べ物には赤ワインが
合います。この他にも、甘かったり酸味が買った食べ物には、酸味のアル軽めのワインが、
辛味の食べ物には、酸味が控え目で若干の甘みがあるもの、塩味の食べ物にはすっきり
とした辛口のワインがぴったりとくるでしょう。

 

でも、一番大切なのは、自分がおいしいと考えられるワインを選択することですよ!